投稿日:

お肌に負担をかけないvライン脱毛方法のおすすめ3つ

水着シーズンだけでなく一年を通してvラインの脱毛お手入れは欠かせません。ここでは代表的なvライン脱毛の方法についてメリット、デメリットを調べてみました。

脱毛サロンで脱毛のプロに任せる

vラインのムダ毛は他の部位のムダ毛に比べると毛質が太めで濃いのが特徴です。それだけに自己処理をするのはかなり大変なので一番確実な脱毛方法としてはプロに任せるのがベストです。脱毛サロンではvラインだけの脱毛コースもありますが最近は大手の脱毛サロンでは脇とvラインがセットになっているところもあるのでそれぞれの公式ホームページでキャンペーンをチェックしてみると良いでしょう。脱毛サロンでのvラインの脱毛のメリットは、何と言っても綺麗にすべすべな仕上がりになることです。時間はある程度かかりますが完璧に仕上げたい時にはおすすめです。デメリットは、やはり場所が場所だけに恥ずかしいのでハードルが高いということに尽きるでしょう。しかし実際はしっかり気遣いしてもらえるのですぐに慣れるようです。

家庭用脱毛器で手軽にお手入れできる

脱毛サロンでのvライン脱毛はハードルが高くてどうしても無理という人には家庭でも脱毛サロンレベルの脱毛効果が得られる家庭用脱毛器での脱毛をおすすめします。最初に脱毛器を購入するために5万円前後の初期投資が必要ですが、これはのちにも全身のムダ毛処理に使えるのでコスパは悪くありません。家庭用脱毛器でvラインのお手入れをするのは非常に簡単で、最初は照射レベルを低いところから始めて、慣れてくれば一週間に一度か二週間に一度の照射を続けていくごとに照射レベルを上げていきます。vラインのムダ毛は黒いので効果の出方は非常に早いでしょう。自宅で好きな時にお手入れできるのが最大のメリットです。デメリットは、人によっては火傷のようになってしまう場合があるので敏感肌の人は注意が必要です。

ホームブラジリアンワックスで手軽にvライン脱毛

ブラジリアンワックスはいわゆる脱毛ワックスです。サロンで行われていることが多いのですが、これも家庭でできるキットが通販サイトで販売されています。ワックスで脱毛するので痛みは一瞬でvラインが綺麗になります。割と短めのムダ毛でもしっかりワックスが絡んで綺麗に脱毛できるので非常に簡単です。また大抵のブラジリアンワックスには美肌効果のある美容成分や保湿成分も入っているので脱毛後のお肌もしっとりと保つことができます。デメリットとしては、一瞬とは言え、人によっては強い痛みがあるようです。でもこれも慣れなので数回繰り返していれば平気になってくるでしょう。それからムダ毛を剥ぎ取るような脱毛法なので敏感肌の人は避けた方が良いかもしれません。

vラインの脱毛方法は自分の肌質や毛質を考えて選びましょう

vラインのムダ毛処理は普段は見えない場所なので、ついつい怠りがちですが女性としてのエチケットなのでやはり日頃から綺麗に処理しておくのが理想です。オススメのvラインの脱毛方法はそれぞれに特徴があるので自分に最も合った方法を見つけてお手入れに活用してください。